くまLABO

赤い魔液。光合成細菌(PSB)を培養しよう。

めだか飼育をするうえで、様々なバクテリアを使用することが多くあります。

その中で、耳にする機会の多い光合成細菌(PSB)

効果のほどは誰もわかっていませんが、確かに水がきれいになる気がする。

めだかが元気になる気がする。

 

そんな謎の魔液であるPSBは、買ってきて消耗するだけではもったいないです。

まずは増やしましょう。

 

 光合成細菌(PSB)とは?

PSBとは、光合成細菌の一種である紅色無硫黄細菌(Purple Non Sulfur Bacterla)の略です。

光合成細菌の効果としては、

  • 水質悪化の原因になる硝酸を餌に増殖するため、水質浄化作用がある。
  • 必須アミノ酸・核酸・ホルモン・各種ビタミン等の集合体であるため、栄養補給の役割を果たせる。
  • 共生している放射菌が病原性菌を抑制し、病気の発生を防ぐ。
  • カロチノイド色素を生成するため、めだかの色揚げに効果がある。
  • 光合成細菌を餌として、めだかの餌になるプランクトンが爆発的に増殖する。

などなど。

聞けば聞くほど有能です。

 

ちなみに、「PSB」という名称は株式会社サンミューズが商標登録を行っていますので、名前を使用する場合は気を付けましょう。

 

 光合成細菌(PSB)は簡単に培養して簡単に増やせます。

そんな有能な光合成細菌ですが、さらに有能な点として、

 

「自宅で簡単に増やせる」

というメリットがあります。

 

■準備するもの

  • ペットボトル
  • 種液(多ければ多いほど良い)
  • エビオス錠
  • 水道水(カルキ抜きしていない)
  • 増やしてPSB(なくても大丈夫ですが、使用すると早く完成します)
  • 漏斗

です。

 

それでは作成していきましょう!

私の作成方法では増やしてPSBを使用しています。

 

①ペットボトルを煮沸消毒する

使用済みのペットボトルは、保存状態によっては雑菌が付着している可能性があります。

60℃以上のお湯で消毒を行ってください。

 

②ペットボトルにエビオス、増やしてPSBを入れる

(継ぎ足しで光合成細菌を培養している容器なので洗ってません。。。)

用意したペットボトルに、光合成細菌の餌となるエビオス、増やしてPSBを入れます。

増やしてPSBを使用する場合は、2Lに対して増やしてPSBを20プッシュ、エビオスを4錠。

エビオスのみの場合は2Lに対してエビオスを8錠入れてください。

増やしてPSBは取説では2Lで20プッシュですが、実際はもっと少なくても大丈夫です。

時間はかかってしまいますが、私は2Lに対して8プッシュで作成してます。

真夏なら5プッシュでも作成可能でした。

③種液を入れる

 

種液を入れます。
この種液は入手したPSBをそのまま使えます。

量は、多ければ多いほど成功率が上がり、早く完成します。

私はいつも容器の1/4入れるようにしています。
今回は2Lなので、500ml使用しています。

 

また、完成は匂いで確認するしか方法がないため、我慢して種液の匂いを覚えてください。

種液を入れる際、漏斗を使用しないでこぼしてしまうと匂いが取れず大変なことになります。
家族に怒られるのはもちろん、異臭騒ぎになってもおかしくありません。

手についてしまうと石鹸では匂いが取れませんので悲しい一日を過ごすことになります。

 

④水道水をなみなみに入れる

 

好気性の余計な菌が増えないようにするため、水道水はキャップをしめた特にあまり空気が入らないようになみなみに注いでください。

また、PSBの培養ではカルキ抜きしていない普通の水道水をお勧めします。

雑菌が入り込んでいる可能性が高いため、ふたもせず屋外に放置してカルキ抜きを行った水は絶対に使用しないでください。
粘膜保護剤の入っているカルキ抜きを使った水も完成が遅くなりますのであまりお勧めしません。

 

⑤キャップをして日当たりのいい場所で1週間~2週間で完成です。

私はいつもベランダの手すりの上に置いています。

完成までの期間は気温によってしまいますが、夏場は1週間ほど、春秋は2週間からそれ以上かかってしまいます。

冬場は屋外では培養できません。

また、完成後も日光に当たってしまうと、赤色から緑色に変わっていってしまいます。

エサ不足から光合成細菌が減り、代わりにクロレラなどが増えてしまうのが原因と考えられます。

 

⑥完成

匂いを嗅いでみて、種液に使った光合成細菌と同じに宝飯になったら完成です。

すでに完成したものがこちら。

見た目の色も濃くなっています。

若干黒っぽくなっているのは増やしてPSBの効果ですので、エビオスのみの場合はもっと薄い色になります。

 

これであなたも光合成細菌富豪です。

使い方としては、一日一回、10Lに対して10ccほどが目安に与えてください。

 

 

 1年間使ってみた感想

比較したわけではないので、正直効果のほどはわかりません。

しかし、確かに針子や稚魚が☆になってしまうことは少なくなったと思います。

光合成細菌は、よく「効果はわからないがお守り的に使う」と言われますが、

私もそのような使い方です。

あとはミジンコに毎日与えていますが、光合成細菌と好気性細菌を併用することで「青木式」というミジンコ培養方法になり、馬鹿ほどミジンコが増えます。

 

光合成細菌を日常的に使うようになると、、

このような事態になりますので気を付けてください。

一気に怪しい家になります。

 

光合成細菌を使って、めだかを健康で元気のいい個体に育てましょう!

ランキング参加中☆ぜひクリックして応援してください!

-くまLABO
-, ,

© 2021 no medaka no life .